お知らせ

鉛筆 「信州ものづくり革新スクール」第4期受講生を募集しています

長野県と諏訪圏ものづくり推進機構では、「信州ものづくり革新スクール第4期」開講にあたり、第4期受講生を募集しています。

「信州ものづくり革新スクール」は、県内企業のリーダーとして必要な知識・経験を得られる体系的なカリキュラムを提供し、AI・IoT分野など先端技術の活用についても学びながら、「ものづくり」を支える人材を育成します。

 

【信州ものづくり革新スクールPR動画】
      
 https://www.youtube.com/watch?v=oKIN1IbjP28&t=15s

【開講期間】 2020年8月26日(水) ~ 12月9日(水) における19日間
【定  員】 15名程度
【対  象】 企業現役 : 県内製造業等の現場責任者 または 幹部候補の方
       企業OB : 県内在住者で、ものづくりや現場改善に関する経験を有する退職者の方
【募集締切】 2020年8月11日(火)
【申込方法】 申込用紙に必要事項をご記入の上、職務経歴書を添えて、諏訪圏ものづくり推進機構まで郵送
  
◇詳細・申込書◇
・信州ものづくり革新スクール 第4期 詳細(PDF)↓
 http://www.suwamo.jp/info/2020kakushinschool-4goannai.pdf
・受講申込書(企業現役)(PDF)↓
 http://www.suwamo.jp/info/2020kakushinschool-4geneki.pdf
・受講申込書(企業OB)(PDF)↓
 http://www.suwamo.jp/info/2020kakushinschool-4ob.pdf


◆「現場実習」受入先として協力頂ける企業様も募集しています◆
ご協力頂ける企業様は以下の「現場実習受入書」(PDF)よりご連絡ください
http://www.suwamo.jp/info/2020kakushinschool-4genbajissyu.pdf
※「現場実習」として、受講生が製造現場に出向いて課題解決の実践を行い、改善提案いたします。秘密保持等には十分配慮いたします。

インフォメーション 中小企業生産性革命推進事業による「事業再開支援パッケージ」を策定されました

中小企業生産性革命推進事業の一部として実施している、

 ・「小規模事業者持続化補助金(持続化補助金)」
 ・「ものづくり・商業・サービス補助金(ものづくり補助金)」
 ・「サービス等生産性向上IT導入補助金(IT導入補助金)」

において、今回の緊急事態宣言の解除を受けて本格化していく事業再開を強力に後押しするため、中小・小規模事業者による業種別ガイドライン等に沿った取組に対して、支援内容を拡充する「事業再開支援パッケージ」が策定され本日より公表および公募が開始となりました。
※なお、本パッケージの内容は、持続化補助金及びものづくり補助金の5月締切分で採択された事 業者にも適用されます。

ITを活用して「非対面型ビジネスモデルへの転換」「テレワーク環境の整備」の実施を検討されている事業者の皆様は、ぜひ支援制度を活用して事業再開や生産性向上に繋げていただければ幸いです。


【経済産業省サイト】
https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200522002/20200522002.html

今回の策定により、特別枠とされる類型において、令和2年度補正予算で創設した「生産性革命推進事業」の特別枠のうち、業種毎の感染拡大予防ガイドライン等で推奨されている、類型B(非対面型ビジネスモデルへの転換)と類型C(テレワーク環境の整備)への投資が一定水準(補助対象経費の6分の1以上)の場合は、補助率を2/3から3/4へ引き上げられました。

(特別枠の対象事業の類型)※3補助金共通
・類型A   サプライチェーンの毀損への対応 補助率  2/3
・類型B   非対面型ビジネスモデルへの転換 補助率  2/3 → 3/4
・類型C   テレワーク環境の整備       補助率  2/3 → 3/4

また中小・小規模事業者の事業再開の努力を強力に後押しするべく、「持続化補助金(特別枠・通常枠)」「ものづくり補助金(特別枠)」において、ガイドライン等に沿った感染防止対策の投資に対して、新たに定額補助・補助上限50万円の別枠を上乗せする「事業再開枠」創設されました。

(事業再開枠の支援内容)
・補助率:定額補助(10/10)
・補助上限:50万円(又は、総補助額の1/2まで)
・対象者:持続化補助金(特別枠・通常枠)、ものづくり補助金(特別枠)の採択者
・対象経費:業種別ガイドライン等に沿った感染防止対策の経費
(例:消毒、マスク、清掃、間仕切り、換気設備等の費用)
 ※39県で緊急事態宣言が解除された5月14日以降に発生した経費が対象

【問い合わせ先】
独立行政法人中小企業基盤整備機構 企画部生産性革命推進事業室
担当者:丸古、大場、西村
電話:03-6459-0866
受付時間:9時30分~12時00分、13時00分~17時30分(土日、祝日を除く)

情報処理・パソコン 【無償提供 10/31まで】新型コロナ対応として「テレワークシステム」無償提供中です

新型コロナ感染症対策として新たな生活様式が求められ、リモートワーク等を活用した働き方も一般的となりつつありますが、契約等の事務手続きやシステム整備に時間がかかったりとすぐには導入できないという事業者の方も多いかと思います。

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)とNTT東日本で、シンクライアント型VPNテレワークサービスの実証実験システムを共同で緊急構築しており、10月31日まで無償開放されておりますので、リモートワークを検討している方は導入に向けての試験的な利用、課題検討などにご活用ください。

【詳細・ダウンロード等はこちら】
 https://www.ipa.go.jp/about/press/20200421.html(IPA ホームページ)

職場のPCと自宅のPCにシステムをそれぞれインストールし、ユーザー登録等も一切不要でサーバーIDとパスワードのみを入力することで、自宅から職場のPCに簡単にリモートアクセスができる仕組みとなっています。

複数組織の連携協力のもと緊急で構築し、無保証かつ非営利で一時的に開放するものであるため、公式のサポートや問合せ対応はございませんが、お困りのことがあればAI・IoT等先端技術利活用支援拠点(TEL:026-227-5028)までお問い合わせください。

インフォメーション リモートワークのご相談を承ります

公益財団法人 長野県中小企業振興センターでは、テレワーク(リモートワーク)に関するご相談を承っています。

テレワーク(リモートワーク)とは

  • 従業員が社内での勤務ではなく、地域のテレワーク拠点や自宅等で業務を遂行する就業形態です。
  • 出勤する機会(=人と人との接触)を減らすことで、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に役立ちます。

 

ご相談いただけること

  • テレワーク(リモートワーク) 全般
  • 導入方法
  • サービスや製品等の事例紹介
  • 情報セキュリティ面でのご相談

 

新型コロナウイルス感染症の緊急事態を早期に終えるため、最低7割、極力8割の人と人との接触削減が必要とされている中、テレワーク(リモートワーク)の実施を検討している中小企業の方は、ぜひご活用ください。

視聴覚 【3月28日(土)13:05~ SBC信越放送】「ICTで変わる信州の未来」が放送されます

3月28日(土)13時5分からSBC信越放送で、

「ICTで変わる信州の未来」が放送されます。

ICTがどんな場面でどのように利活用されているのか、製造業、サービス業、農業、行政など現場での実情を多角的に紹介して、様々な課題解決のカギとなる可能性がご覧いただけるとのことですので、ぜひご覧ください。

番組では、本サイトを運営しているAI・IoT等先端技術利活用支援拠点のコーディネーターも登場します!

 

また、2月2日(日)に放送されました
「使ってみたら意外と簡単!結構便利!信州のAI・IoT 等先端技術の利活用」(SBC信越放送)が YouTubeでご覧いただけるようになりました!

番組内では、県内での活用事例・取組などをわかりやすく紹介していますので、見逃してしまった方、録画し忘れてしまった方、当日観たけど何度も見たい方、ぜひご覧ください!

【動画ページ】https://www.youtube.com/watch?v=ykhsl3Rj9UY

インフォメーション 地域共創ラボ『成果発表会』のお知らせ ※追記<一般参加のお断り>

先日ご案内いたしました地域共創ラボ「成果発表会」について、新型コロナウィルスの感染拡大を懸念し、一般の方の参加はお断りさせていただくこととなりました。ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。別途公開方法を検討中です。決定次第、再度ご連絡いたします。


11月20日よりスタートした地域共創ラボの成果発表会が、善光寺 大勧進にて行われます。

地域と、そしてイノベーションについて考えるシンポジウムに加えて、地域共創ラボStage.2参加者より、この5ヶ月間のプログラムで構想した事業計画の発表を行います。それらの事業計画は、オーディエンスの方々ともグループディスカッションを行い、事業共創に向けてさらに発展させていくセッションも設けております。

地域の未来を考える事業者、行政、金融機関、教育、NPO法人、創業を支援する方々など、奮ってご参加ください。


日 時: 3月10日(火)13:00 〜 18:00
場 所: 善光寺 大勧進 紫雲閣 大広間
参加費: 無料
参加申込: https://nicollap.jp/kyoso/
定 員:150名 ※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます

プログラム概要
<第1部: 13:00 〜 15:00>
− 冒頭挨拶
− 講演 ① 『善光寺の歴史と、長野の未来に向けたまちづくり』 
  信州善光寺玄証院住職 福島 貴和 氏
− 講演 ② 『社会課題をビジネスにするための5つの要素』
  DBIC 代表 横塚 裕志 氏
− 講演 ③ 『共創ラボ かせぐまちづくり実践への取り組み』 
  フィールド・フロー(株) 代表取締役 渋谷 健 氏 
  日本ユニシス(株)市原 潤

 <休憩: 15:00 〜 15:15>

<第2部: 15:15 〜 17:30>
− 地域共創ラボ 成果発表会
− グループディスカッション
− パネルディスカッション
  長野県 阿部 守一 知事
  長野県立大学 安藤 国威 理事長
  DBIC 共同創設者 西野 弘 氏
  日本ユニシス
− 閉会挨拶

<情報交換会: 17:30 〜 18:00 >

〇 チラシのダウンロードはこちらから

インフォメーション <3.12 松本市>「AI・IoT等先端技術利活用シンポジウム」を開催します!

2019年4月に長野市に設置した「AI・IoT等先端技術利活用支援拠点」における今年度の活動報告や県内活用事例の紹介を通じまして、県内中小企業における更なる利活用促進を図るため、

AI・IoT等先端技術利活用シンポジウム」を3月12日(木)に松本市で開催します!

当日は、富士通㈱ 理事 首席エバンジェリストである 中山 五輪男 氏(伊那市出身)によるDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する基調講演のほかにも、先端技術体験・紹介コーナーで皆様の経営に必ず役立つツール・サービスをご覧いただけます。

ぜひ、あなたのお仕事に ”先端技術” を取り入れてみませんか。

大勢の皆様のご参加をお待ちしております!


◆日時 2020年3月12日(木) 13:00~16:40 (開場 12:30)

◆会場 ホテルブエナビスタ グランデ(松本市本庄1-2-1)

◆定員 160名(参加無料)

◆内容 1 開会挨拶
    2 AI・IoT等先端技術利活用支援拠点整備事業 事業報告
    3 県内のAI・IoT等活用事例紹介
    4 基調講演
    「AI・5G・最新テクノロジーが牽引するデジタルトランスフォーメーション」
     (講師)富士通株式会社 理事 首席エバンジェリスト 中山 五輪男 氏

    ※上記のほか、会場内において県内ベンダー等による先端技術の体験・紹介コーナーを設けます。

 ◆申込方法
 以下の申込フォームよりお申込みください。【〆切:3月5日(木曜日)】
  https://www.icon-nagano.or.jp/cms/modules/forms/index?id=163

その他詳細については、チラシ(PDF)をご確認ください。

〇お問い合わせ
 AI・IoT等先端技術利活用支援拠点
 (公益財団法人長野県中小企業振興センター 経営支援部内)
  〒380-0928  長野市若里1-18-1(長野県工業技術総合センター3階)
  TEL 026-227-5028
  FAX 026-227-6086
   E-mail ai-iot@icon-nagano.or.jp

インフォメーション 「ITウィンターフォーラム IN NAGANO~牛に引かれて善光寺編~」を開催します!

IT人材・IT産業の集積を目指す「信州ITバレー構想」を推進する「信州ITバレー推進協議会(NIT)」が発足し、取組の第1弾として、構想を実現するために求められるものは何か、参加者の皆様とともに考えるフォーラムを開催します。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

〈日時〉
 令和2年2月10日(月曜日)14時00分~17時30分(開場13時30分)

 ※終了後、交流会(参加費1,000円、希望者)を開催します。

〈会場〉
 善光寺大勧進(長野市元善町492)

〈主催〉
 長野県、信州ITバレー推進協議会(NIT)

〈定員〉
 150名《参加費無料》
 ※どなたでもご参加いただけます。

〈プログラム〉
 ①主催者あいさつ (14時00分~14時10分)
  長野県知事 阿部 守一
  NIT会長 山浦 愛幸(長野県経営者協会 会長)

 ②オープニングセッション(14時10分~14時50分)
  「信州ITバレー構想」とは?

   富士通(株) 執行役員常務 島津めぐみ氏(信州ITバレー構想アンバサダー)
   (株)グッドパッチ 代表取締役社長兼CEO 土屋 尚史氏(同上)
   公立大学法人長野県立大学 理事長 安藤 国威(NIT顧問)

 ③インスピレーショントーク (14時50分~15時30分)
  「鎌倉資本主義」に学ぶ、企業が地域へ関わる理由とは?

   面白法人カヤック 代表取締役CEO 柳澤 大輔氏

 ④トークセッション (15時30分~16時35分)
  IT企業が集まる地域をつくるには?

   面白法人カヤック 代表取締役CEO 柳澤 大輔氏
   宮崎県日南市 マーケティング専門官 田鹿 倫基氏
   (株)アソビズム 代表取締役 大手 智之氏
   ジモコロ 編集長 徳谷 柿次郎氏(ファシリテーター)

 ⑤ワークショップ(16時35分~17時30分)
  信州ITバレー構想キックオフブレスト

 ⑥その他
  終了後、交流会(参加費1,000円、希望者)を開催します。

  プログラムの詳細は添付のチラシ又はホームページをご覧ください。

  https://nagano-it.jp/(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

〈申込方法〉
 ホームページからお申込みください。

 https://nagano-it.jp/(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

〈お問い合わせ〉
  (一社)長野県経営者協会(事業受託者) 担当:原田
  電話 026-235-3522

 チラシ.pdf

視聴覚 【2月2日(日)15時】SBC信越放送でAI・IoT 等先端技術に関する番組が放送されます!

来週2月2日(日)15時からSBC信越放送にて、

「使ってみたら意外と簡単!結構便利!信州のAI・IoT 等先端技術の利活用」

が放送されます。

AI・IoTなどの先端技術を様々な産業・ビジネスで活用していくことについて、県内での具体的な活用事例や取組みとともにご紹介する内容となっております。

また、長野県で始動した「信州ITバレー構想」に関して、IT人材の育成・確保に向けた取組みもあわせてお伝えしますので、ぜひ皆様ご覧ください!

 


日時 2020年2月2日(日) 15:00~15:30

放送局 SBC信越放送

番組内容

長野県では去年秋、「信州ITバレー構想」を始動。今後AI・IoTなどの先端技術をすべての産業分野で利活用していくこと、IT人材を育て確保していくことなどを目指している。長野県内のAI・IoTの利活用状況をみてみると、未導入が90%以上を占めており、導入が進んでいないのが現状。一方、人口減少に伴う省力化に対応することは、産業界では急務。県では導入率を上げるため、利活用を促進するためのコーディネーターを置き、積極的な企業の取り組み事例を発信したり、技術支援を始めた。コーディネーターが推奨する先進企業を、「AI」「IoT」「RPA」それぞれの分野で紹介する。また、民間レベルで進んでいるイノベーションプログラムなども取り上げる。

インフォメーション 『デジタル技術を活用した"稼ぐ力"の創造』セミナーのお知らせ

現在、デジタル技術の進展に伴うビジネス環境の大変革を背景に、IoT・AI・ロボットを契機とした新たな付加価値、事業創出に取り組み、”稼ぐ力”を創造していかなければ、ビジネスにおける競争力が保てなくなるものと想定されています。
そこで、”稼ぐ力”を生み出すための経営とデジタル活用に関わる動向を紹介することで、地域中小企業の”稼ぐ力”の創造に向けたきっかけとするとともに、先進的に”稼ぐ力”の創造にチャレンジする、地域の中小企業の取り組み事例を紹介します。
デジタル技術の活用のイメージが沸かないという方、デジタル技術を活用した取組みに興味がある方、デジタル技術の活用支援を検討されている方は是非ご参加下さい。

●日 時  令和2年 2月19日(水) 13:30~17:15(受付:13:00~)
●会 場  コングレスクエア日本橋  JR線「東京」駅日本橋口徒歩5分
     (東京都中央区日本橋1-13-13 東京建物日本橋ビル3階)
●対 象  デジタル技術を活用した”稼ぐ力”の想像に関心のある事業者、自治体関係者他
●内 容
開会挨拶  関東経済産業局

講演   「”稼ぐ力”を生み出すデジタルファクトリーの最新動向と変革事例」
      株式会社FAプロダクツ 代表取締役社長 貴田 義和 氏

基調講演 「中小企業におけるデジタルテクノロジーの意味と本質~価値創出力=稼ぐ力を
      向上させるための事業活動の考え方」
      国立研究開発法人産業技術総合研究所
      情報・人間工学領域 領域長補佐 田中 純 氏

事例紹介 ◆デジタル技術を活用し、高付加価値化の創出に成功した事例(3社)
     「ものづくり企業が第二創業でAI開発に挑むまで」
      株式会社ミラック光学 代表取締役 村松 洋明 氏
     「人口減時代の暗黙知から形式知へ 中小生産現場からの事例と提言」
      株式会社ヒバラコーポレーション 代表取締役社長 小田倉 久視 氏
      「24時間365日フル稼働工場の自動化への挑戦!」
      株式会社土屋合成 代表取締役社長 土屋 直人 氏

施策紹介 「総務省・経済産業省のIoT関連施策」 
      総務省関東総合通信局、経済産業省関東経済産業局

総括講演 「地域でのIoT・AI・ロボット導入・活用に向けた支援活動の面的展開に向けて」
      ロボット革命イニシアティブWG1 中堅中小AG主査 松島 桂樹 氏

※閉会後、参加者名刺交換会を開催します。また、開催時間中、会場内で参加企業や支援機関
 等のパネル展示を行います。ご自由にご覧ください。

※プログラム詳細等については、チラシ(PDF)チラシ(PDF)をご覧ください。

●定 員 200名(定員になり次第締め切ります)

●参加費 無料

●お申込み
下記サイトの「お申込みフォーム」から、必要事項を記入の上お申し込みください。
https://www.mizuho-ir.co.jp/seminar/info/2020/iot_ai0219.html

●お問合せ
みずほ情報総研株式会社 経営・ITコンサルティング部
担当 武井、西脇
TEL:03-5281-5492
E-mail:kconis_seminar@mizuho-ir.co.jp